「ユビキタス」と言う言葉を聞くようになり久しいように思われます。
ユビキタスとは、“ubique=あらゆるところで”という意味のラテン語が基になっているようです。
まさに空気や水や電気と言ったよう日常生活に「不可欠な物」を意味するということでしょうか。

 IT技術も通信をはじめ処理技術の革新は目覚ましいものがあります。
その技術は「ユビキタス・コンピューティング」の言葉が示すとおりユビキタス社会に必要不可欠
なものになってきております。

 今日企業においては、IT技術を駆使した多種多様な形式を持つ膨大な量の資料が作成されて
います。これらの資料を一元的に系統化し、「Web上で公開し・共有」することは単に資料の整理
整頓のみにとどまらず、「戦略的な攻めの営業」を支援する手段となります。
それらは企業発展における「重要な鍵」となることと確信しています。

 ご紹介のシステムは大量のデータ転送を可能にする「マルチチャネル通信技術」の応用により、
大量ページの図書もページめくり等に「ストレスを感じさせない速度にてご利用頂ける」ことを
最重点として開発されました。
また他システムとの連携、多機能化を容易に行なえる等、必ずお役に立てるシステムと確信して
おります。

ご検討頂き、是非ともご用命賜わりますようお願い申し上げます。
  株式会社ワイエスケイ 電子書籍(eBook)   info@ysk-consul.com
 
/15